ICI療法の効果確率について

Share on GREE
Pocket

バイアグラなどという治療薬を使って症状を改善するというものがED治療においては一般的といってよいでしょう。
これは、日本ばかりではなく世界的に見ても同じだといえるのです。
しかしながら、何らかの事由によって薬を服用できないという場合や、薬によるアレルギー症状などが出てしまったという場合、注射療法が大きな役割を担うこととなるのです。
では、実際の効果確率などについて見ていきましょう。

数字からみる効果の高さ

先ずは薬物投与療法からお話をすると、バイアグラなどが全体の「70%」程度の効果であるとの調査結果があります。
これでも高い効果確率ということができるでしょう。
次に注射療法ですが、何と「98%」もの効果確率だといわれているのです。
非常に高い効果を発揮しているといえるでしょう。

副作用などの問題について

効果が高いとなると、やはり副作用という側面を危惧される方も多いようです。
注射療法については、こうした副作用という側面においても比較的安心であると考えられています。
理由は、薬液にあります。
個々の症状や状態に合わせて薬液を調合することから、それぞれの身体にあったものを取り入れられるのです。
ですから、高い効果を維持しつつも身体へのリスクは軽いと考えることができるのです。

注意点などについて

とはいえ、副作用が皆無というわけではありません。陰茎の疼痛があったりめまいを感じるという方もごく稀ではありますがいらっしゃいます。
また、効果についても「絶対的」なものではありませんから、もしかしたら効果が薄い・感じられないということもあるかもしれませんので、医師としっかりと相談をし治療を進めていくようにしましょう。
納得をした上で行うように心がけてください。

注射針においても細いものをしようしますし、薬液といっても「注入感」というものはほとんどありませんので、不快感や療法時の痛みなども感じることは無いでしょう。
ですから、負担としてはかかりにくい療法であると考えることもできるのです。
良い部分もありますがデメリット・リスクももちろんありますので、総合的に判断をして注射療法を取り入れていきましょう。
同時に金額的な部分について考えておくというのも進めていく上では大切なことです。

Share on GREE
Pocket