ICI療法の作用や効果について

Share on GREE
Pocket

ICU療法の概要

簡単に説明をすると、陰茎海綿体に直接勃起作用のある薬剤を注入するという治療法になっています。
その際、注射器を利用するので「注射療法」と呼ばれることもあります。
薬剤についてですが、クリニックで調合をすることが多いので多少の調合差というものは出てくるでしょう。

金額について

金額についてですが、注射療法もまた自由診療となっていますので、クリニックや医療機関よって違いが出てくるでしょう。
1回の施術につき6000円から1万円という相場が多いようですが必ずしもというわけではありません。
薬物投与療法と比較をすると、高額な治療法ともなってしまうでしょう。

効果や作用について

薬剤を直接的に注入をするという特性があるため、作用が早いという利点があります。
人によって差はありますが、遅くても10分程度でその効果が現れるといわれていますので「即効性がある」といってよいでしょう。

薬剤についてですが、ホルモン様物質が使用され、海綿体への血液の流れ込みをスムーズにして効果が得られる薬剤です。
他には、血圧の拡張や収縮・脳分裂の促進、神経への刺激伝達のコントロールなどとさまざまな活用枠がこの薬剤にはあるのです。

注射療法を受ける場合

個人で注射をすること不可能ですので、医師と相談をしここにあわせた薬液を調合し治療を進めていきます。
このため、副作用などのリスクが比較的に低くなるという利点も生まれるのです。

デメリットとして考えられることは、稀ではありますが陰茎の疼痛や不整脈などというものが考えられるでしょう。
また、性欲とは関係なく勃起状態になり、射精後もなお治まらないということもあるかもしれません。
こうした状態が4時間異常続いた時には対処を行うというケースが多いようです。

作用が早く、注射においても細い針を使用するなど治療の痛みなども感じずにすむ方法ではありますが、やはりデメリットとなる部分もありますので、相談をし納得をした上で取り入れていくようにしましょう。

薬物投与療法があわなかった・取り入れられないという場合にも、注射療法であれば受けていただける可能性が高いので、諦めていたという方は医療機関・クリニックに足を運んで見ると良いでしょう。

Share on GREE
Pocket