投薬療法とICI療法の判断基準について

GREE にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ED治療というと「投薬」というイメージがあるでしょう。

薬を服用することによって、状態を改善するという方法は日本だけではなく世界基準で見てもスタンダードな方法といえるのです。
そんな投薬以外の「次の方法」という考えられ実践されているのがICI療法なのです。
この療法を取り入れる際の「判断基準」というものについて触れていきましょう。

治療薬との問題

ED治療薬と飲み合わせが悪い・悪影響が出てしまう薬を現在拭くようなかであるという場合。
もしくは、持病を持っていてED治療薬が服用できないと診断された場合です。
取り入れることによって、身体的に悪影響を及ぼしかねないと医師が判断した時には注射療法ということになるのです。

治療薬効果が期待できない場合

性的な刺激があっても性器が全く反応しないですとか、性器周辺の神経若しくは血管が断裂していると推測される時、さらには内服治療薬の効果が期待できないと判断されたとき、注射療法が取り入れられるでしょう。

他の疾病との関係性

重度の糖尿病患者だなどという場合、内服ED治療薬では充分な効果が期待しにくくなります。

また、治療中で投薬も行っているという際には治療薬を服用できないという事もあるのです。
そうした場合においては、注射療法という形で症状の改善を促します。

あくまで医師の判断

上記のケースの場合のみならず、担当医師が注射療法のほうが適切である判断した場合にはそのように対処されるでしょう。
逆にいえば、どんなに注射療法を望んでいても、治療薬を内服することによって改善が期待できるいうのであればそちらを優先するというのが一般的なスタンスとなります。

もちろん、希望を伝えることは可能ですが、それと治療方針とは異なってきますのでしっかりと相談をし納得を下上でこれら治療法を取り入れていきましょう。

こうして、さまざまな判断基準により注射療法は実践されているのです。
高い効果確率や副作用が比較的に少ないことなど、注射療法にもメリットは数多くありますがすぐに取り入れるという治療法ではないのです。

症状改善を進めていく上で、このような治療法もあるのだと知っておくことは大切ですので認識しておくのも良いでしょう。

GREE にシェア
[`evernote` not found]
Pocket