ICI療法のおかげで勃たないコンプレックスから解放される

Share on GREE
Pocket

ED治療の選択肢について

EDを発症したという場合、治療方法はいくつか存在しています。
悩んでいる方の症状や状態に合わせて、運動療法や薬物療法・注射療法さらには、補助具を使ったり外科的な手術などを行うケースもあるのです。
その中でも、一般的に認知度も高く治療法としても取り入れられているものが、薬物投与療法でしょう。
こうした薬物投与療法の効果は大きく、実際に治療薬を服用することによって症状が改善されるという方も多いのです。

薬物投与療法が利用できないという方もいる

こうして実際の効果実績もある薬物投与療法ですが、中には取り入れることが出来ないという方もいらっしゃいます。

・体質に合わない(アレルギーなどの問題)
・併用禁忌薬剤を服用中のため、ED治療薬が服用できない(飲み合わせ)
・実際に薬物投与療法を取り入れたけれど効果が無かった

..などという場合もあるのです。

薬物投与療法が難しい場合の治療法について

薬物投与療法が取り入れられないという場合、次の選択肢として「注射療法」があります。
具体的な方法としては、直接陰茎の海綿体というスポンジ状の組織があるのですが、そこに注射をすることによって勃起を促すという方法です。
この方法を「ICI療法」と世はぼれているのです。

ICI療法による痛みなどの問題について

陰茎に直接注射を打つという療法ですので、痛みや恐怖心を抱く方もいらっしゃるでしょう。
しかし、注射の針そのものはごく細いものであり、薬剤そのものも1滴程度の分量ですので痛みはもとより、薬剤が注入されているという感覚さえないといわれています。
敬遠されがちな治療法でもあるのですが、実際に体験をされた方は負担だと感じた方はほとんどいらっしゃらないようです。

ICI療法の利点は多い

まず薬剤の「飲み合わせ」からくる健康被害や副作用という問題が非常に少ないのが利点といえるでしょう。
効果においても薄くなってしまうという可能性が非常に低いのです。
具体的な数字を掲げてみると、治療薬は「80%」の方々に効果があらわれているのですが、ICI療法の場合は「95%」という高い確率となっているのです。
さらには、性的な興奮を受けずとも勃起を誘発させることが出来ます。
これは、強制的な力が働くからなのです。
その即効性は、多少の個人差もあるかと思いますが5分前後となっています。

海外における認知度について

日本においては、薬物投与療法がどちらかといえばメジャーではありますが、海外においては注射療法はとてもメジャーな治療法となっているのです。
EDに対する認識度や治療実績などを比較するとやはり海外のほうが整っているということもいえますが、日本もまたそうした環境が用意されてきていますので、徐々に注射療法に対する姿勢も変化してくると予想されているのです。

認知度を高める

もし、興味があるという方であれば医療機関などにおいて医師に相談をすることも可能です。
専門クリニックなどであれば、さまざまな治療スタイルが用意されており相談をしたうえで適切なものを選択できるというところも少なくありません。
ですから、自らの判断をという方においては実際に足を運んで見ると良いでしょう。

優先度などについて

日本において現段階では、第一が薬物投与療法となっています。
実際にもし、薬を服用することによって効果がみられるという場合は当然ながら注射療法を取り入れる必要はなくなります。
このことから、第一選択肢である薬物投与療法をまずは試してみるという事をおすすめしたいと思います。
もし、薬が効かない・そのほかの問題があり服用することが出来ないという場合は、この注射療法を最優先に進めていくのも良い方法といえるでしょう。

必ずクリニックへいこう!

この注射療法は、医師が直接的に注射をするというものになりますので通販で薬剤・注射器の購入などはできません。
ですから、必ずクリニックや医療機関で受けていただくことになりますので、その点においても認識しておくとよいでしょう。

このように、薬物投与療法ばかりではなくほかにもさまざまな選択肢があり高い効果を発揮している注射療法というものも存在しているのです。

ED治療もさまざまな角度からのものがありますので、1つの療法が自分に合わずとも改善する策はありますので積極的に取り組んでいくとよいでしょう。

薬物投与以前にまずは注射療法をという方においても、医師とよく相談をした上で判断してください。
自分に合う治療法を取り入れていけば、身体的な症状ばかりではなく精神的な充足感もコンプレックス解消にもつながることと思います。

ED人口は日本においても増加傾向にあるといわれていますので、一人一人の認知・認識というものも求められてくるでしょう。

Share on GREE
Pocket